107-10 がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針について、平成 28 年(2016年) 改訂以降の内容で正しいのはどれか。

107-10 がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針について、平成 28 年(2016年) 改訂以降の内容で正しいのはどれか。

1.乳がん検診の対象者は 20 歳以上である。

2.胃がん検診には胃内視鏡検査が含まれる。

3.肺がん検診の受診間隔は2年に1回である。

4.子宮頸がん検診の受診間隔は1年に1回である。

解答・解説を見る

✖ 1.乳がん検診の対象者は、40歳以上の女性である。

2.胃がん検診には胃内視鏡検査が含まれる。

胃がん健診には、問診に加え、胃部エックス線検査又は胃内視鏡検査のいずれかを含む。

✖ 3.肺がん検診の受診間隔は1年に1回である。

✖ 4.子宮頸がん検診の受診間隔は2年に1回である。

参考文献

がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針,https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000111662.pdf.2021年10月21日閲覧.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です