107-14 保健師は市の防災担当部署と協力して避難訓練を行うこととした。訓練の対象として優先的に声をかけるのはどれか。

107-14 保健師は市の防災担当部署と協力して避難訓練を行うこととした。訓練の対象として優先的に声をかけるのはどれか。

1.子育てサークルのメンバー

2.転入して1年以内の住民

3.高齢者施設の入居者

4.被災経験のある住民

解答・解説を見る

 

1.子育てサークルのメンバーは、2と比較すると優先度は低いため誤り。

2.転入して1年以内の住民は、まだ避難場所に関する知識や、地域住民とのつながりも少ないことから避難訓練の対象者として優先的に声をかける必要がある。

3.高齢者施設の入居者は、施設ごとの避難訓練に参加していると思われるため優先的に声をかけるものとしては最も適切ではないため誤り。

4.被災経験のある住民は、被災経験を有する分、他の選択肢の者より優先度は低いと考えられるため誤り。

 


問題文引用元

  • 厚生労働省. 第107回保健師国家試験問題. https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/dl/tp210416-03a_01.pdf.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です