107-22 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律s感染症法wについて正しいのはどれか。

107-22 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)について正しいのはどれか。

1.入院勧告によって感染症指定医療機関で受ける入院治療の医療費は公費負担となる。

2.感染症まん延防止のために予防接種を勧奨する疾患について規定されている。

3.無症状病原体保有者についての届出は定められていない。

4.A 型肝炎は三類感染症である。

解答・解説を見る

 

1.入院勧告によって感染症指定医療機関で受ける入院治療の医療費は公費負担となる。

✖ 2.感染症まん延防止のために予防接種を勧奨する疾患について規定されているのは、予防接種法である。

✖ 3.無症状病原体保有者についての届出も定められている

なお、「無症状病原体保有者」とは、感染症の病原体を保有している者であって当該感染症の症状を呈していないものをいう(感染症法 第6条11より引用)。

✖ 4.A 型肝炎は四類感染症である。

 


問題文引用元

  • 厚生労働省. 第107回保健師国家試験問題. https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/dl/tp210416-03a_01.pdf.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です