107-23 災害拠点病院について正しいのはどれか。

107-23 災害拠点病院について正しいのはどれか。

1.東日本大震災を契機として整備を開始した。

2.災害対策基本法に指定要件が定められている。

3.地域災害拠点病院は各都道府県に1か所ずつ設置されている。

4.被災地へ災害派遣医療チーム(DMAT)を派遣する体制を備える。

解答・解説を見る

災害拠点病院とは

平成8年に当時の厚生省の発令によって定められた「災害時における初期救急医療 体制の充実強化を図るための医療機関」

-独立医療法人災害医療センター「災害拠点病院とは」より引用

✖ 1.1995年に発生したの阪神・淡路大震災を契機として整備を開始した。

✖ 2.厚生労働省医政局長通知に指定要件が定められている。

 厚生労働省医政局長.令和元年.「災害拠点病院指定要件の一部改正について」.https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000749617.pdf.

✖ 3.地域災害拠点病院は各都道府県の二次医療圏ごとに1か所ずつ設置されている。

〇 4.被災地へ災害派遣医療チーム(DMAT)を派遣する体制を備える。

災害拠点病院の役割は、①災害時にも診療機能を維持し、医療にあたる。②非災害地域の医療施設へ傷病者を広域搬送する。③DMATを有し、災害時に全国から集まる他施設DMATの活動拠点となる。などがあります。-磐田市立総合病院「災害拠点病院・DMAT(Disaster Medical Assistance Team)」より引用

 


問題文引用元

  • 厚生労働省. 第107回保健師国家試験問題. https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/dl/tp210416-03a_01.pdf.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です