107-25 A さん(48 歳、男性 )。妻と2人暮らし。精神科に通院中であり、保健所のアルコール依存症者の自助グループに定期的に参加している。

107-25 A さん(48 歳、男性 )。妻と2人暮らし。精神科に通院中であり、保健所のアルコール依存症者の自助グループに定期的に参加している。ある日、A さんが担当保健師を訪ねてきたが、呼気にアルコール臭がした。A さんに確認すると、「自助グループに参加してから断酒できていたが、今朝ビールを3缶飲んでしまった」と話した。担当保健師の対応で適切なのはどれか。

1.意志が弱いと注意する。

2.アルコールの害を説明する。

3.1日の適正飲酒量を説明する。

4.自助グループの参加を中断するよう勧める。

5.飲酒をしていない日に面接したいことを伝える。

解答・解説を見る

 

正しいのは、5.飲酒をしていない日に面接したいことを伝える。

まず、「自助グループの参加を中断するよう勧める。」は、本人が自助グループに参加してから一定期間断酒できた経験があり、今回の事例によって中断する理由はないと考えられる。また、飲酒後に「アルコールの害」や「1日の適正飲酒量」等といった説明をするのは、非飲酒時と比較して集中力が低下していること、正常な判断ができない可能性があることなどから不適切である。

よって、5.飲酒をしていない日に面接したいことを伝える。が最も適切である。飲酒をしていない日に改めて面接を行い、断酒を失敗してしまった理由を共に探り、解決策を検討していく必要がある。

 


問題文引用元

  • 厚生労働省. 第107回保健師国家試験問題. https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/dl/tp210416-03a_01.pdf.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です