107-9 市の健康増進計画(3か年計画) を新たに策定することになり、市に健康増進計画審議会を設置することになった。審議会の説明として適切なのはどれか。

107-9 市の健康増進計画(3か年計画) を新たに策定することになり、市に健康増進計画審議会を設置することになった。審議会の説明として適切なのはどれか。

1.策定した計画の評価を目的とする。

2.審議会の決定は法的拘束力を持つ。

3.地域保健法に基づき設置される。

4.合議制の諮問機関である。

解答・解説を見る

1.策定した計画の評価は、健康増進計画審議会の設置の主な目的にはならない。

健康増進計画審議会は、健康増進法第八条二項の規定「市町村は、基本方針及び都道府県健康増進計画を勘案して、当該市町村の住民の健康の増進の推進に関する施策についての計画を定めるよう努めるものとする。」に基づき、「健康増進計画」の策定のための審議を行い、市民の健康増進をはかることを目的とする。

2.審議会の決定は法的拘束力を持たない

3.健康増進法に基づき設置される。

4.合議制の諮問機関である。

 


引用文献

厚生労働省. 第107回保健師国家試験問題. https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/dl/tp210416-03a_01.pdf.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です