第110回医師国家試験問題21 A

kyukei 介護福祉士 掲示板 介護福祉士 給与・求人

第110回医師国家試験 過去問題 問題21-A 



<<前の問題  A問題目次  次の問題>>

問題21 2016-領域A 第110回医師国家試験問題

問題21—第110回医師国家試験問題-A

65歳の女性。健忘を主訴に家族に連れられて来院した。3か月前から家に引きこもりがちになり、倦怠感と不安とを訴えて外出しようとしなくなった。2週前からぼんやりして物忘れが目立つようになり、動作も緩慢になった。昨夜、誰もいないのに誰かを激しく叱っているところを家族が目撃した。意織レベルはJCS I -1。活動性の低下を認める。身長 154 cm、体重67 kg。体温。35.4℃。脈拍52/分、血圧94/48mmHgg。 呼吸数12/分。額面と両側の下腿とに浮腫を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。改定長谷川式簡易知能評価スケール18点(30満点)、Mini-Mental State Examinatton〈MMSE〉は20点(30点満点)である。四肢の近位部に徒手筋力テストで4の筋力低下を認め、 大腿四頭筋を叩打すると筋腹の膨隆が生じる。腱反射は打腱後の筋弛緩遅延を認め、Babinski徴候は陰性である。原因として最もも考えられるのはどれか、

  a  甲状腺機能低下症

  b  前頭側頭型認知症

  c  ビタミンB12欠乏症

  d  進行性多巣性白質脳症

  e  筋強直性ジストロフィー


解説

 

解答

 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ