第110回医師国家試験問題34 A

kyukei 介護福祉士 掲示板 介護福祉士 給与・求人

第110回医師国家試験 過去問題 問題34-A 



<<前の問題  A問題目次  次の問題>>

問題34 2016-領域A 第110回医師国家試験問題

問題34—第110回医師国家試験問題-A

問題34 62歳の男性。意識障害を主訴に来院した。1か月前から咳嗽が出現し、血痰を 認めたため5日前に受診した。喫煙は40本/日を42年間。 心臓ペースメーカ植込 み術を受けている。初診時の血液所見:赤血球374万、Hb11.1 g/dL、Ht34%、 白血球5,600、血小板14万。血液生化学所見:総蛋白6.0 g/dL、アルブミン2.5 g/dL、総ビリルビン0.6mg/dL,AST 35 IU/L、ALT 38IU/L、LD 552 IU/L(基 準176~353)、尿素窒素30mg/dL、 クレアチニン2.1 mg/dL、血糖96 mg/dL、 Na145mEq/L、K4.8mEq/L、Cl 108 mEq/L、Ca10.0mg/dL。 心電図 でQTc 短縮を認めた。初診時の胸部エックス線写真(別冊No.8 A)と喀痰細胞診の Papanicolaou 染色標本(別冊No.8B)とを別に示す。精密検目的で入院予約を行い帰宅を指示した。2日前から倦怠感、食欲不振、 口渇および便秘が出現し、つじ つまの介わない会話をするようになった。昨日からは呼びかけには反応するものの すぐに眠ってしまい、尿失禁も認めたため家族に付き添われて再度受診した。来院 時、錯乱状態を示し、本人からの病歴聴取は困難であった。眼結膜と眼球結膜と に異常を認めない。筋力低下、運動障害は明らかでない。身長168 cm、体重53 Kg (最近6か月で6kg減少)。体温。36.8℃。脈拍80/分, 整。血圧130/70 mmHg。 呼吸数16/分。SpO2 93%(room air)。両側の胸部で呼吸音の減弱を認めた。

110A-34A110A-34B

 

病態悪化の原因検索のため、まず行うべき検をはどれか。

次に行うべき検査はどれか。

  a  髄液検査

  b  脳MRI検査

  c  心エコー検査

  d  血清電解質の再検企

  e  血清クレアチニンの再検査


解説

 

解答

 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ