第110回医師国家試験問題38 A

kyukei 介護福祉士 掲示板 介護福祉士 給与・求人

第110回医師国家試験 過去問題 問題38-A 



<<前の問題  A問題目次  次の問題>>

問題38 2016-領域A 第110回医師国家試験問題

問題38—第110回医師国家試験問題-A

問題38 60歳の男性。左下腿痛を主訴に来院した。2 日前から誘因なく左下腿が出現 した。昨日から悪寒と戦慄が出現したため受診した。既往に左下腿骨骨折があり、 糖尿病による慢性腎不全で5年前から透析を受けている。体温38.5℃脈拍84/分、整。 血圧130/70mmHg。  左下腿に発赤、熱感および腫張があり、軟部組織に握雪感を認める。 赤沈70 mm/1時間。 血液所見:赤血球294万、Hb 7.7g/dU、白血球25,100 (桿状核好中球7%、分葉核好中球72%、リンパ球6 ‰単球14%)。 プロカルシトニン3.0 ng/mL(基準0.05未満)。CRP 31 mg/dL。左下腿エックス線写真 (別冊No.11A)と左下腿CT(別冊11B)とを別に示す。

110A-38A1110A-38B
原因菌として最も考えられるのはどれか。

  a  Aspergillus fumingatus

  b  Brucella abortus

  c  Clostrdium perfringens

  d  Mycobacterium tuberculosis

  e  Pseudomonas aeruginosa


解説

 

解答

 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ